峨山道

峨山道とは

20141103_153157_000

「峨山道」は、「峨山往来」とも称し、總持寺二祖峨山韶碩禅師が、輪島市門前町の總持寺と羽咋市酒井町にある永光寺の住職を兼ねていた暦応3年(1340年)から20余年間、往来した両寺を結ぶ13里(52km)の山道で、禅師は毎朝未明に永光寺の朝課を勤め、13里の険しい道を越えて、總持寺の朝の読経に間に合わせたと伝えられる。
總持寺では、朝粥を終え、禅師の来着を待ちつつゆっくり読経する「粥了諷経の大真読」のならわしが、禅師の没後650年余の今も行われている。

禅師の往来したコースは諸説があり定かではないが、今日、「峨山道」あるいは「峨山往来」と名の残る古道が能登に伝わる。總持寺が現在末寺15,000余を有し曹洞宗大本山となる基を築いたのは、この超人的な伝説に象徴される禅師の気概と情熱によるもので、古くから禅師の偉徳をしのび、その足跡を踏む「峨山越え」が行われており、昭和61年から開催されている「峨山道巡行」は現代の峨山越えとして多くの参加者を集めている。

峨山往来要図(PDF)

峨山禅師

木造峨山韶碩坐像

峨山韶碩、建治元年(1275年)能登瓜生田(現津幡町)に生まれ、若くして比叡山に上り天台を学び、後、瑩山禅師に謁して禅の門に入り、禅師を援けて仏正伝の戒法をうけ、正中元年(1324年)總持寺二世となる。暦応3年(1340年)永光寺住職と総持寺住職を兼職する。貞治4年(1365年)没す。91歳。その間、人材育成に努め五院・二十五哲の俊僧を輩出し、五院輪住の制を定め、教線拡大と末寺拡張の基盤を築いた。

http://www.sojo.jp/goryoson/

永光寺

yokoji

曹洞宗の高祖・道元禅師と並び、太祖として尊崇される瑩山紹瑾(けいざんじょうきん)が正和元年(1312年)能登の国・酒井に開創した曹洞宗発展史上最も重要な地位を占める古刹である。

元亨元年(1321年)後醍醐天皇より「曹洞宗出世道場」の綸旨を賜り、勅願寺となった。足利尊氏の北朝時代には、光厳上皇が能登国利生塔を建立。足利直義も仏舎利二粒を三重の利生塔に納めて安穏を祈るなど隆盛を極めた。

応仁の乱で伽藍の大部分を焼失、その後、後土御門天皇の発願で再興されたが、天正7年(西暦1579年)、兵火により、七尾城とともに再び全山を焼亡するという悲運に見舞われた。

江戸時代に入り、前田利家が能登を領したときには寺領三百石を認め永光寺復興に尽力した。現在の建物は寛永以後の再興で、その伽藍は曹洞宗寺院の源流のひとつである。

http://www.city.hakui.ishikawa.jp/sypher/www/section/detail.jsp?id=588
http://www.ishikawa-maibun.or.jp/sanpo/yokoji.html

大本山總持寺祖院

20141124_142833_002

大本山總持寺、正号は諸嶽山總持寺。今から約700年前の元亨元年4月(1321年)に瑩山紹瑾禅師によって開創。瑩山禅師を篤く信仰された後醍醐天皇は綸旨を下され、總持寺を勅願所とし、「曹洞賜紫出世第一の道場」と定められた。また二世峨山韶碩禅師の代には後村上天皇より重ねて綸旨を賜り、その基礎が一層確立された。この後、住職は五院輪番制をとり、寺運益々降盛を極め、境内には大小70余棟の殿堂伽藍を有し、その末寺は全国に17,000余を数えるにいたった。明治31年4月、不幸にして火災に罹り、七堂伽藍の大部分を焼失、本山を神奈川県鶴見に移し、この地に再建されたものを祖院として、開山の霊場を護っている。

http://www.wannet.jp/noto-soin/
http://sojiji.jp/honzan/gaiyou.html