コンセプト

全国に15,000余の寺院と800万人の檀信徒を有する曹洞宗の礎を築いた總持寺開祖瑩山(けいざん)禅師の弟子で第二祖の「峨山禅師」は人材の育成に努められ、後に五哲、二十五哲と呼ばれる俊才を輩出し、曹洞宗を全国に展開させる原動力となりました。

禅師は、總持寺と永光寺の住職を兼職した間、13里(約52㎞)とも15里(約60㎞)ともいわれる山道を往来し、「峨山道」として今に伝えられています。

トレイルランニングを通して、歴史とストーリーに溢れた古道と能登に育まれた禅文化、そして豊かな里山の自然を全国の皆様に発信することを目的とし、大会を開催します。

  1. セルフサポート
    • 本大会は、峨山禅師が永光寺と總持寺の両寺院を往来した修行の道をイメージしているため、エイドでは水と塩を提供し、食糧(塩おにぎり等)は限られたエイドでの提供としております。
    • また、ロードレースとは異なる山岳レースでありますので、「セルフサポート」(他者からのサポートを受けない)を基本的な考えとしております。
  2. スタート・ゴール
    • 禅師が永光寺と總持寺を往来したことにならい、隔年で交互にスタートすることとしており、第6回の本年は輪島市の「總持寺祖院」がスタート、羽咋市の「永光寺」がゴールとなります。
  3. コース
    • 標高差の少ない里山を古道で繋ぐため、高山のように開けた眺望がありません。最高標高地点はスタート後6kmにある峨山368mです。
    • スタート直後には、三十三観音が並ぶ古道や總持寺開祖瑩山禅師が龍神より賜ったと伝わる霊水「古和秀水(こわしゅうど)」が続き、禅の里の雰囲気が十分味わえます。
    • その後、巨大発電風車がそびえる虫ケ峰や、小刻みなアップダウンが連続する鉄塔巡視路トレイルを抜けると、邑知潟地溝帯が目の前に広がり、ゴールの永光寺はあとわずかです。

ご挨拶

本大会のコースは、石川県輪島市の「總持寺祖院(そうじじそいん)」と石川県羽咋市の「永光寺(ようこうじ)」を結ぶ伝説の古道「峨山道(がさんどう)」を通り、能登半島中央を縦断南下するワンウェイ73kmのコースです。

「峨山道」は、全国に15,000余の寺院と800万人の檀信徒を有する曹洞宗の礎を築かれた總持寺二祖「峨山韶碩(がさんじょうせき)禅師」が、両寺院の朝課に通われたと伝わる13里(53km)の道程で、そのご遺徳から「峨山道」と称され禅師没後650年の今もなお愛されている古道です。
また、コース全体が、豊かな自然と農村の原風景である“世界農業遺産”の里山です。なだらかな稜線の山々と、「能登はやさしや土までも」と語り継がれる優しい風土と人々が、皆様をお迎えしてくれることと思います。

能登は交通インフラの整備が進み、東京から飛行機で1時間「のと里山空港」、高速道路ネットワーク「能越自動車」に加え、2015年からは待望の「北陸新幹線」が玄関口である金沢駅まで開業され、全国各地から身近な地域になりました。
全国のランナーの皆様に足をお運びいただき、トレイルラン大会と併せて、能登の風土や伝統文化にも触れていただければ幸いです。
大会関係者一同、心に響く思い出深いトレイルラン大会となるよう準備を進めお待ちしておりますので、是非ご参加をいただきますようご案内申し上げます。

峨山道トレイルラン実行委員会

峨山道トレイルラン

開催概要は近日公開いたします

峨山道トレイルラン

~相承の道 黎明に発つ!~

歴史古道「峨山道」のルーツである大本山總持寺が、本年開創700年を迎えます。

この記念の年に700年間踏みしめられてきた「峨山道」で、思いを新たに第6回峨山道トレイルラン73kmを2021年10月17日(日)に開催いたします。

絶景のご褒美もない水と塩だけの大会ですが、飾らない里山の風景と素朴な人々の笑顔が皆様をお待ちいたしております。

新型コロナウイルスの終息が未だ見通せない現状ではありますが、大会に関わる全ての皆様の安心を第一に心掛け、開催準備を進めております。

この秋のレース計画に「峨山道トレイルラン」をお選びいただければ幸いに存じます。

previous arrownext arrow
Slider