開催御礼


第4回 峨山道トレイルラン、終了いたしました。

今年度は、輪島市の大本山總持寺をスタートし、羽咋市の永光寺をフィニッシュ地点とする、能登半島を南下する約73kmのコースで開催いたしました。

また、今年から新設したショートコースは羽咋市の邑知小学校から豊財院を通り永光寺に至る10km、5kmの2コースで開催しました。このコースは永光寺を開いた瑩山禅師が豊財院から永光寺まで白狐に導かれて進んだとされる歴史道が舞台となっています。

大会当日は終日好天に恵まれ、爽やかな秋晴れの空のもと能登の里山を繋ぐ峨山道を走って頂くことができました。

多数の選手の皆様にご参加いただきありがとうございました。


結果

男子の部は木村隼人選手が7時間24分54秒、女子の部は野路康世選手が9時間34分18秒の記録で優勝いたしました。

各部門の入賞選手は下記の通りです。


第4回 峨山道トレイルラン

男子の部

順位氏名記録都道府県・所属
第1位木村 隼人7:24:54石川県・モンタナスポーツ金沢
第2位板垣 渚7:32:49滋賀県
第3位中辻 悠貴7:58:30福井県・MAGMA
第4位中根 孝太8:10:00大阪府
第5位万場 大8:11:13兵庫県

女子の部

順位氏名記録都道府県・所属
第1位野路 康世9:34:18福井県
第2位大川 仁美9:37:52愛知県
第3位内田 彩子9:40:14京都府
第4位夜久 有子9:57:56京都府
第5位伊藤 真由美9:59:31兵庫県

五哲ごてつ

10時間以内の完走者で、大会日当日の年齢が49歳以上の入賞者を除く上位5名
(峨山禅師が49歳の時に總持寺開堂式に出立した史実に由来しています)

氏名記録都道府県
成瀬 英之8:40:25石川県
西ヶ谷 卓9:09:33静岡県
稲永 雄介9:10:41東京都
山越 言9:14:02京都府
松田 雄吾9:30:13岐阜県
樽井 一郎9:33:09滋賀県

ゴール後の記録集計の不備により、五哲賞入賞選手へご案内した順位に誤りがありました。
今年度は上記の6名を五哲賞として表彰いたします。


第4回 峨山道トレイルラン ショートコース

10kmコース 男子の部

順位氏名記録都道府県
第1位開上 知弘0:43:36石川県
第2位中西 卓郎0:55:23石川県
第3位射越 隆0:58:36石川県

10kmコース 女子の部

順位氏名記録都道府県
第1位中島 玲子1:00:54福井県
第2位荒牧 寛子1:03:49石川県
第3位折戸 小百合1:04:47石川県

5kmコース 一般の部(男女)

順位氏名記録都道府県
第1位辻口 侑汰0:39:31石川県
第2位川崎 利行0:39:49石川県
第3位辻口 隆志0:40:47石川県

5kmコース 親子ペアの部

順位氏名記録都道府県
第1位立中 善英・大晴0:41:48石川県
第2位能山 公介・雄登0:43:19石川県
第3位森本 雅人・直人0:44:01石川県

第4回 峨山道トレイルラン(73km)は387名の出走者のうち310名が完走し、完走率は80.1%となりました。
ショートコース(10km、5km)は全クラス合計で103名が出走し、全員が完走しました。

公式記録
https://gasando.info/result/


峨山往来 モンタナスポーツCUP 2018

試行大会として併催された「峨山往来 モンタナスポーツCUP 2018」は、第4回 峨山道トレイルランを復路のコースとする往復約143kmのコースで開催されました。

招待選手12名が往復コースに挑戦し、9名が完走。3名の入賞選手は復路を10時間の峨山タイム以内でゴールしました。


順位氏名往路復路記録都道府県・所属
第1位福井 哲也8:10:119:38:5617:49:07岐阜県・TEAM R×L
第2位田辺 慎一9:07:109:46:2918:53:39新潟県・国際自然環境アウトドア専門学校
第3位佐藤 圭介9:14:179:45:2818:59:45神奈川県・BukkaSkyClub

峨山往来 モンタナスポーツCUP 2018 公式記録
https://noto100.info


大会の様子

これ以外の写真については、後日Webサイトで公開いたします。


御礼

大会開催にあたり、ご協力いただいた方々、ボランティアスタッフの皆様、そして、参加選手たちに温かい応援をして下さった地域の皆様に感謝申し上げます。

ありがとうございました。